忍者ブログ

とりとめもない似顔絵描きの話

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

似顔絵を描いて思うこと。



いつも描いていて思うのは、
人の顔には、人生が現れている、ってこと。

良くも悪くも、全てを含んでいる。

中には、分かりづらい人も要るけど、
それでも完全に隠しきれるものじゃない。

多くの人を描いていると、それがわかる。

だから、この仕事をやめられないのかもしれない。
PR

それはそれでいい。

昔の夢はかなわなかったけど、

今の生活には満足している。

とはいっても、収入面を除いては、だけど。

やっぱり、似顔絵では、収入は少ない。

名前の売れた人なら違うだろうけど、
でも、似顔絵描きで、名前の売れた人、っていうのも数少ない。

それでも、書いた似顔絵をみて、喜んでもらえたときは、
ほっとする。
うれしくなる。

僕は似顔絵描き。

子供の頃から、絵が好きだった。

だから将来は、画家か漫画家、なんて周りから言われていた。


そして、僕もその気になっていた。

けど、大人になれば分かるけど、
漫画家も、ましてや画家なんて、それだけで食べていける人は一握りしかいない。

すきだけでは、食べていける世界じゃ、到底ない。

だから、僕は似顔絵を書いている。

郊外の大型ショッピングモールを主にまわる、職業似顔絵描き。

これが僕の現実。

カレンダー

11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
似顔絵描き
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- とりとめもない似顔絵描きの話 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]